品出し バイト

ドラッグストアの品出し

ドラッグストアでは食品、医薬品、化粧品、生活用品など
色々なものの品出しをします。

 

大変ではありますが、品の多さも面白さの一つです。

 

特に女性は、新発売の化粧品やシャンプーなどがいち早く分かるので、
やっていて楽しいと思いますよ。

 

>>品出しのバイトを探す

ドラッグストアーの早朝品出しバイトの経験

ドラッグストアーの品出しのバイトをしていました。

 

週に二日と納品日が決まっていて、朝出勤すると沢山の荷物が届いています。

 

10時開店なので8時出勤でのスタート、勤務は10時まででした。

 

荷物はカゴ車と呼ばれる折りたたみ可能な荷台に細かいものは
オリコンという折りたためる箱の中に入ったり、洗剤などの箱単位での荷物も沢山ありました。

 

バックヤードと呼ばれる倉庫にカゴ車がかろうじて通れるくらいの通路しかあいてないので、
開店前はとにかくカゴ車を売り場の一つの通路にならべ、
荷台車に各売り場の商品に大まかに分けて載せておき、
出来るだけのカゴ車を空にして、売り場通路とバックヤードのスペースを確保しました。

 

 

ドラッグストアーなのでトイレットペーパーとか箱ティッシュなどの大きな商品も納品されます。

 

これらは後から順にトラックで運んできます。

 

これらがものすごく場所をとりますので大きな荷物の来る前にバックヤードのスペースを空けなければならないのです。

 

 

納品は慣れるまでは、なかなか難しいものです。

 

先ずは売り場を覚えるのですが、お菓子のような食品でも食品売り場の物と、健康食品売り場の物とあります。

 

いろんな商品を見られるのはなかなか楽しいものでした。

 

 

更に難しいのは似た商品が沢山ある化粧品や医薬品、品出ししかしない私達にはみんな同じに見えました。

 

お菓子などの普段からよく購入する物はやりやすかったです。

 

シャンプーなども次々に新しいものが出て、ボトルのデザインも本当に色々あって、新商品などは情報を先取り出来て得した気分でした。

 

私は納品日の違う2店舗を掛け持ちしていましたので、ほぼ平日の朝は品出しでいい汗をかき、
帰りにそこで気になる商品やお菓子を買って帰って休憩するのが、また楽しい時間でした。

 

荷出しはそれぞれが別の売り場で黙々と行うので、他の方とは深く関わらずに済むので関係もわりと良好でした。

 

>>品出しのバイトを探す